2016年3月3日

新英金属、東栄に新プレス工場 本社の加工集荷機能集約

 新英金属(本社=愛知県安城市住吉町3―12―1、金子豊久社長)はこのほど、東栄工場(愛知県安城市東栄町7―2―2)内に新プレス工場を建設するとともに本社工場の集荷・加工機能を移管。金属スクラップの月間処理能力2万トン超、実質扱い量1万5000トン超となる国内最大級のメガ工場としてリニューアルを完了した。近距離にあった両工場の集約で最大効率化を図った東栄工場は、今後同社の中核工場としてリサイクルのノウハウを磨くとともに、事業戦略における各拠点のモデル工場として収益力の向上効果などを発揮していく。総投資額は約16億円。

おすすめ記事(一部広告含む)