2018年8月14日

鉄スクラップ 大阪府下ヤード7月入荷、14カ月連続増9.4万トン

 関西鉄源協議会(代表幹事=黒川友二・扶和メタル社長)がまとめた7月の大阪府下鉄スクラップヤード入荷量は、会員分総計で前年同月比1・1%増の9万3905トンとなり、14カ月連続で対前年同月を上回った。内訳はヤード入荷分が7万3803トンで同2%減となったものの、メーカー直送分は同14・5%増の2万102トンに増加した。

おすすめ記事(一部広告含む)