2018年8月15日

鉄スクラップ国際市場 先行き不透明感強く

 鉄スクラップの国際市場は、先行き不透明感を強めている。米国とトルコが政治的対立を深めていることを背景に、世界最大の鉄スクラップ輸入国、トルコの通貨・リラが大暴落したことなどが要因。トルコの鉄鋼メーカーは欧州やバルト海周辺に加え、米国からの輸入鉄スクラップを主力としているものの、通貨安の影響で米国からの鉄スクラップ調達が困難になると予想され、調整局面が続く鉄スクラップ国際市場は今後、さらなる下げ圧力にさらされそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)