2018年10月1日

大平金属、鋳造向けステンレス原料扱い増

 ステンレススクラップのリサイクルを手掛ける大平金属(本社=三重県員弁郡東員町、神農大弘社長)はこのほど、多度工場(桑名市多度町)にシャーリング1基を導入し、本社工場と合わせた鋳造向けステンレス可鍛材における月間500トンの加工体制を構築した。品質要求が高い鋳造向けステンレス原料の供給を増やし、事業基盤の強化を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)