2019年2月21日

鉄スクラップ、国内相場さらに続伸 海外市場続伸など反映

 国内鉄スクラップ相場が続伸した。東京製鉄が20日入荷分から全拠点で鉄スクラップ購入価格を引き上げ、全国的に鉄スクラップ購入価格引き上げの動きが広がった。海外マーケットの続伸や輸出船積みの集中に伴う関東湾岸価格の上昇などが要因とみられている。海外動向は先行き不透明ながら、国内では旺盛な建築・土木関連向けの鋼材需要を背景に3月の電炉生産が2月比で増産が見込まれている上、「4月末から5月初めの10連休に向け、鉄スクラップ入荷の維持・在庫確保の動きは続くのでは」(ヤード筋)とみる向きもある。

おすすめ記事(一部広告含む)