2019年5月10日

関東鉄スクラップ続落 地区電炉、東鉄追随500円下げ

 関東鉄スクラップ市況が続落した。9日入荷分から東京製鉄・宇都宮工場が買値をトン当たり500円引き下げた。地区電炉メーカーは高値筋を中心に東鉄・宇都宮に追随して買値をトン500円引き下げ、湾岸商社・シッパーも提示価格をFASトン500円引き下げている。一方、9日時点で買値を据え置いたメーカーや湾岸商社・シッパーも散見される。

おすすめ記事(一部広告含む)