2019年8月13日

鉄スクラップ 関東輸出価格2万7714円

 関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ社長)は9日、8月契約分の鉄スクラップ輸出入札を実施し、平均落札価格(H2)はFASトン当たり2万7714円となった。円高で推移する為替の影響もあって7月10日実施の前回比で同346円安いが、8月9日時点の関東地区電炉メーカー炉前購入価格(トン2万6000―2万8000円前後)、および関東湾岸価格(FASトン2万6500―2万8000円前後)と同水準であることから、今回の落札結果が国内相場の弱気材料にはならず、市況は横ばい推移するとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)