2019年11月13日

鉄スクラップ関東輸出入札 平均落札価格、2014円高の2万4307円

関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ社長)は12日、11月契約分の鉄スクラップ輸出入札を実施し、平均落札価格(H2)はFASトン当たり2万4307円となった。今回の結果は10月9日実施の前回比で同2014円高い。海外相場が強含みで推移し、ベトナムなどが日本産鉄スクラップの引き合いを強めていることが大きく影響したとみられる。関東電炉メーカー炉前購入価格および湾岸価格を2000円近く上回る価格で落札されたことで、関東鉄スクラップ相場の先安観は払拭されたようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)