2020年7月3日

関西鉄スクラップ、価格調整が広がる

関東地区の鉄スクラップ相場が下落する中、関西地区でも価格調整の動きが広がっている。地区電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格(H2)は、トン2万3500―2万4500円前後で前週比500―1000円安い。東京製鉄が2日入荷分から全拠点の鉄スクラップ購入価格を引き下げたのを受け、同日から大阪・姫路電炉メーカー各社も買値引き下げに動いた。

おすすめ記事(一部広告含む)