2021年1月22日

鉄スクラップ輸入入札 対日提示価格2500円安

商社などによると、韓国・現代製鉄は21日の鉄スクラップ輸入入札で日本側に対し、主要品種のH2で前回比トン当たり2500円安のFOBトン3万9500円を提示した。他品種ではHSとシュレッダーが同4万4000円、新断バラが同4万5000円で、いずれも14日実施の前回から同2500円安い。国際相場の値下がりが影響した。現代製鉄側は特にH2の購入意欲が減退しているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)