2022年3月31日

飛田テック、長岡支店竣工 鉄スクラップ扱い年5万トン目指す

 総合リサイクル企業の飛田テック(本社=新潟県上越市、飛田剛一社長)は30日、長岡支店(同長岡市)の工場見学会と竣工記念祝賀会を開催し、取引先など約40人が参加した。同社では初の中越地区の事業拠点として、鉄スクラップ取扱量は年間5万トンを目指す。支店長には酒井悟・常務取締役が兼務で就任した。営業開始はあす4月1日から。

おすすめ記事(一部広告含む)