2014年9月2日

中国、鉄スクラップ使用量拡大へ 新環境保護法

 中国の鉄鋼メーカーが鉄スクラップの使用量を増やす可能性が出てきた。2015年の新環境保護法施行を受けて二酸化炭素排出量の少ない鉄スクラップが求められ、電炉鋼の生産も増えてくるため。足元は鉄鋼メーカーが割安な銑鉄の使用を増やし、鉄スクラップの輸入量も減少しているが、「使用比率は16年までに上がる」(王鎮武・中国廃鋼鉄応用協会名誉会長)見通し。環境規制と電炉鋼の増加によって原料事情が変わってきそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)