2018年5月10日

中国、日本産HS6000トン輸入

 貿易筋によると、中国が日本産上級スクラップを輸入したもようだ。品種はHSで、数量は約6000トン。成約価格はFOB(本船渡し条件)トン当たり4万1500円前後という。成約時期は3―4月とされており、足元の関東地区湾岸価格の中心値(HS、FASトン当たり3万6500―3万7000円前後)を上回っている。

おすすめ記事(一部広告含む)