2020年1月10日

鉄スクラップ 中国輸出入ほぼゼロ

 中国の鉄スクラップの輸入と輸出が2019年にそれぞれゼロに近づいた。環境保護を目的とした固体廃棄物の輸入規制や発生が増える鉄スクラップの消費を図る政府の意向が作用した。不法輸出の取締りも効き、輸出を押し止め、国内で循環させつつある。循環型社会の構築を目指す政府方針から鉄スクラップの輸出入は20年もわずかとみられ、日本の再生資源の輸出構造をなお大きく揺さぶりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)