2020年3月18日

中国 鉄スクラップ価格続落

 中国の鉄スクラップ価格が大幅な下げを続けている。先週末まで6週連続、合計121元(約2000円)下落した。「鋼材販売が減り、資金が苦しくなった鉄鋼企業が購入価格を下げている」(業界団体の中国廃鋼鉄応用協会)。一方で原料価格が低下したために再稼働する電炉工場が増え、購入価格を上げる企業が出始めている。新型コロナウイルスの影響で停止していた建設工事も再開しつつあり、鉄スクラップ価格が反転する時期が近づいているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)