2021年4月7日

中国20年 電炉鋼生産4年ぶり減 鉄スクラップ高で低迷

【上海支局】中国の電炉鋼の生産量は2020年に9600万トンと前年比7・0%減り、4年ぶりに減少した。全国粗鋼は増えたが、鉄スクラップの価格高騰から電炉の使用は低迷し、全国粗鋼に占める比率は9・0%と1・4ポイント低下した。政府は資源リサイクルやCO2排出削減の観点から高炉の転炉への転換を促し、電炉の生産能力は増えており、鉄スクラップの輸入増など原料事情の改善によって生産は増えていく見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)