2021年7月2日

鉄スクラップ、中国価格続伸 供給量落ち込む

【上海支局】中国の鉄スクラップ価格が上がり続けている。梅雨や猛暑のために発生・回収量が減少。農業の繁忙期で作業員や輸送能力が不足し、供給量が落ちたことで需給がタイト化した。鉄鋼企業が6月に再び粗鋼生産を増やしたことで鉄鉱石の輸入価格が高止まりし、溶銑コストが上がっている。鋼材市況の軟化が下押し要因となるが、タイトな需給から価格はなお強い基調を保つ見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)