2021年8月10日

韓国・現代製鉄 日本産鉄スクラップ輸入 新断以外1500円下げ

商社などによると、韓国・現代製鉄は5日の鉄スクラップ輸入入札で、日本側に対し新断以外の品種の提示価格を7月29日実施の前回からトン当たり1500円下げた。日本以外からの鉄スクラップ手当が進んでおり、「割高な日本の相場に合わせる必要性が薄れた」(商社)もよう。ただ新断は国内外の高炉が購入量を増やして需給がタイト化しているため、価格を下げられなかったとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)