2022年1月28日

現代製鉄 鉄スクラップ輸入入札 H2価格5.2万円提示

商社などによると、韓国・現代製鉄は27日に鉄スクラップ輸入入札を実施し、日本に対してH2価格をFOBトン当たり5万2000円と提示した。先週20日の実施分よりも2000円高いが、関東地区の湾岸価格と同水準で、日本側の売り意欲にはつながりにくそうだ。一方で上級スクラップの提示価格は湾岸価格よりも2000円以上高い。新断バラは同5万9500円(前回比1500円高)、HSは同6万円(同横ばい)、シュレッダースクラップは同5万8000円(同500円高)を提示した。「新断バラやHSを中心に契約が決まりそうだ」(商社)とみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)