2015年3月23日

1号銅線、発生少なく高値続く

銅スクラップの代表品種である1号銅線の市中相場に、メーカー購入価格に迫る買値が続いている。需要家である伸銅メーカー各社の買い気は強くないが、それ以上に発生が少なく、競争過多な状況が買値を高止まりさせている。
おすすめ記事(一部広告含む)