2016年12月27日

銅スクラップ、長期購入契約おおむね横ばい

 伸銅、製錬メーカーが原料問屋と結ぶ2017年1―3月期の銅スクラップの長期購入契約(長契)は、16年10―12月期からおおむね据え置かれたものの、価格条件の引き下げや、数量枠縮小を打診される問屋が目立った。11月の銅相場急騰による発生増で需給が余剰へと一転したことから、伸銅、製錬メーカーともに原料購入意欲が弱い。

おすすめ記事(一部広告含む)