2018年4月23日

日清特殊金属、特金スクラップ輸入強化 韓国代理店がヤード拡張

 特金スクラップ問屋の日清特殊金属(本社=兵庫県高砂市、越智勇人社長)は、韓国からのスクラップ輸入を現状比2倍の月40―80トンを目指す。このほど現地代理店がヤードを新設して大幅拡張し、扱い数量の増加が見込まれている。特金スクラップの市場掘り起こしの余地があるとみて、新規顧客の開拓も図っていく方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)