2019年1月29日

雑鉛、中国禁輸で国内滞留

 低品位の鉛スクラップ(雑鉛)の荷余り感が強まっている。中国向け輸出が止まった影響で国内に滞留しているためで、市中には浮いたままの売りオファーが散見される。一方、再生鉛メーカーではスクラップを溶解してインゴット(再生塊)の輸出ルートを探るという、新たな業態を模索する動きも出ている。

おすすめ記事(一部広告含む)