2019年4月25日

JX金属 Eスクラップ選別ライン導入

 JX金属は、日立事業所(茨城県日立市)にE―スクラップの物理選別ラインを導入した。あらかじめE―スクラップから廃プラや非鉄金属類を選別・除去することによって焼却前処理や製錬工程能力を最大限に発揮し、貴金属ロスの最小化を狙う。設備投資額は約6億円で、4月に本格稼働を始めた。

おすすめ記事(一部広告含む)