2019年7月4日

トーチインターナショナル 銅ナゲット新工場建設

 再生原料の輸出入商社であるトーチインターナショナル(本社=東京都港区、龍国志社長)は、昨年秋から銅ナゲット加工を行う新工場建設に着手している。銅ナゲットとは、主に電線を破砕して粒状の銅にしたもの。これまで本格的なヤードを持たず、商社業務に特化してきていた。約2億―3億円の土地など不動産を含め、設備投資金額は合計で約5億円。取扱量は月1000トンほどを目指しており、できた銅ナゲットは最終的には中国に輸出する。8月をめどに完成を予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)