2020年1月10日

JX金属三日市 低品位基板から銅回収

 JX金属三日市リサイクル(本社=富山県黒部市、森明秀行社長)は資源リサイクル事業を拡充する。従来から取り組んでいるスラッジを乾燥キルンで処理して貴金属を回収する事業に加えて、新たに低品位の廃電子基板から銅を回収する事業やセメント工場で発生するクリンカダストのリサイクルなども開始。すでにある産業廃棄物処理設備を有効活用しながら資源リサイクルを中心とする事業構造への転換を加速する。

おすすめ記事(一部広告含む)