2020年7月9日

環境省 廃プラ一部ベール品も規制外

 環境省は8日、廃プラスチックの輸出にかかるバーゼル法該非判断基準策定のための第2回検討会を開催し、7月中のパブリックコメントにかける判断基準案を提示した。6月の第1回検討会で指摘のあったベール品については、製造工程で排出され汚れの付着や異物混入がないなどの条件を満たせば規制対象外とする案が示された。フレーク状やフラフ状の廃プラの色も「ほとんど」無色透明又は単一色という表現に緩和される見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)