2020年11月20日

経産省・環境省 インセンティブ導入前向き

経済産業省と環境省は20日、自動車リサイクルに関する有識者合同会議を開催し、自動車解体で発生するシュレッダーダスト(ASR)や自動車用リチウムイオン電池(LiB)のリサイクルについて意見を交わした。ASRは、解体段階でのリサイクル率を高めるインセンティブ制度の導入に前向きな意見が多く出た。LiBリサイクルでは、会議に出席した日本鉱業協会がレアメタル価格の変動に収益が左右されるといった課題を説明した。

おすすめ記事(一部広告含む)