2021年3月17日

エービーシー 愛知工場開設

スクラップ問屋のエービーシー(本社=京都市伏見区、大住明弘社長)はこのほど、名古屋支店(港区)を移転・拡張し、弥富市に愛知工場をオープンした。月間扱い量で従来の倍の3000トン以上を目指し、将来的にはギロチンを新設し、鉄スクラップの切断加工にも事業を拡げる計画。投資額は5億円。「これまで通り非鉄を軸としつつ、鉄の扱いにも本格参入していきたい」(大住社長)。

おすすめ記事(一部広告含む)