2013年4月4日

国内鉄スクラップ、反落

 国内鉄スクラップ市況が反落した。韓国向け輸出価格の続落を受けて、東京製鉄が3日入荷分から全工場で、昨年10月末以来の値下げを実施。東西両地区でも電炉メーカー各社が相次いで鉄スクラップ買値の引き下げに動いた。海外市況は調整局面にあり、「日本産鉄スクラップについても、上昇期待は持ちにくい」(商社筋)と、依然として先安懸念は残る展開となっている。
おすすめ記事(一部広告含む)