2014年4月22日

国内鉄スクラップ、4-6月消費減の公算

 2014年4―6月期の国内の鉄スクラップ消費量は前期、前年同期比を下回る可能性があるとみられる。高炉メーカーによる転炉鋼での鉄スクラップ配合率は回復傾向の半面、メーンユーザーの電炉鋼向けは建材製品の需要動向や採算性を見ながらの生産が見込まれる。

おすすめ記事(一部広告含む)