2013年6月4日

鉄スクラップ、海外でジリ安基調続く

 国内鉄スクラップ市況は、様子見状態が続く一方で、海外市況は依然としてジリ安基調が続いている。世界最大の鉄スクラップ輸入国、トルコ向け輸出価格の下落に歯止めがかからず、東アジア圏では韓国最大手の現代製鉄が鉄スクラップの輸入調達に消極的となっており、「足元は為替が1ドル100円台で推移していることで表面化していないが、世界的な鉄スクラップ価格の下落で、国内市況にも下げ余地はあるのでは」(流通筋)など、慎重な見方もある。
おすすめ記事(一部広告含む)