2014年9月25日

鉄スクラップ消費、2カ月連続で減少

 日本鉄源協会によると、7月の国内鉄スクラップ消費量は約345万7000トンで、前月比5・6%減と2カ月連続で減少した。内訳は転炉鋼が約86万2000トンで同0・7%減、電炉鋼が約206万3000トンで同10・1%減などとなっている。鉄くず原単位は、転炉鋼でトン当たり118・3キロ、電炉鋼で同1030・2キロ。

おすすめ記事(一部広告含む)