2014年9月30日

鉄スクラップ、市況2カ月ぶり反落

 国内鉄スクラップ市況が、約2カ月ぶりに反落した。東京製鉄は27日から田原、岡山、宇都宮の3工場で鉄スクラップ購入価格をトン500円引き下げた。宇都宮工場の7月30日以来となる買値引き下げ。関東や関西の電炉メーカー各社にも炉前価格引き下げの動きが出ている。米国鉄スクラップ輸出の下落もあり、日本からの輸出市況も足元低調。国内市況の頭打ち感にもつながっていた。

おすすめ記事(一部広告含む)