2015年4月14日

新日鉄住金エンジ ストーカ式ごみ焼却炉、技術検証・確認完了

 新日鉄住金エンジニアリング(高橋誠社長)は14日、環境ソリューション事業部(山田良介・副社長事業部長)が、2014年10月から全国都市清掃会議に申請していた「シュタインミュラー式ストーカ焼却技術」の技術検証・確認が15年3月31日付で完了したと発表した。これでストーカ式ごみ焼却炉の国内営業が可能になる「お墨付き」を得たことになり、新日鉄住金エンジは今後、営業活動をスタートし、国内の同炉マーケットに進出する。

おすすめ記事(一部広告含む)