2015年4月20日

関西鉄源連 鉄スクラップ輸出入札2万4130円、関東比テンダー1070円安

 日本からアジア向けの鉄スクラップ輸出相場は、頭打ち感が鮮明化している。関西鉄源連合会(会長=黒川友二・扶和メタル社長)は先週17日に第49回鉄スクラップ共同輸出入札を行い、トン当たり2万4130円(大阪湾岸FAS・H2グレード)で成約した。3月16日実施の前回比で1220円高となったが、今月9日の関東テンダー平均落札価格から約1070円安い。韓国向け輸出が放射能検査の強化等で新規商談が難航し、ベトナムや台湾向けへのオファー数量が急増したことが輸出相場を押し下げた。

おすすめ記事(一部広告含む)