2015年5月27日

鉄スクラップ、市況 ”東高西低”続く

 国内鉄スクラップ市況は「東高西低」状態が続いている。東京製鉄の鉄スクラップ購入価格引き上げに加えて、輸出依存度の高い関東地区湾岸部で、船積み数量が高水準で推移していることが関東鉄スクラップ相場を押し上げる一方、関西では鉄スクラップ需要が伸び悩み、東鉄の買値引き上げなどに対し、姫路地区の一部メーカーが買値を引き上げたにとどまっている。

おすすめ記事(一部広告含む)