2015年6月22日

マキウラ鋼業、廃プラ再生事業開始 シュレッダー工程で

 金属リサイクル大手のマキウラ鋼業(本社=姫路市、薪浦亨社長)は、廃自動車のシュレッダー加工処理工程でプラスチックを選別・回収し、再製品化する事業を開始した。プラスチック再生事業を手掛けるいその(本社=名古屋市、磯野正幸社長)と共同で、選別回収技術などを確立。廃自動車から回収したプラスチックを自動車用樹脂部品の原料として再利用する「Car to Car」リサイクルシステムを構築する。

おすすめ記事(一部広告含む)