2017年6月30日

東京製鉄、長期環境ビジョン策定 国内鉄スクラップ再資源化を促進

 東京製鉄は、国内鉄スクラップの高度利用とリサイクル促進を通じて、地球環境負荷低減に寄与する長期環境ビジョン「Tokyo Steel EcoVision2050」を策定し、2017年度から始動した。東鉄は電炉鋼材の利用拡大を図るとともに、国内鉄スクラップの再資源化を促進することで、国内鉄スクラップ購入量(全社生産量に相当、17年度計画は220万トン)を30年度で600万トンに、50年度で1000万トンにそれぞれ引き上げるチャレンジ目標を掲げ、達成を目指していく。
おすすめ記事(一部広告含む)