2017年7月27日

日本鉄源協会 16年度鉄スクラップ消費、3年ぶり増4013万トン

 日本鉄源協会が発行した『クォータリーてつげん』(Vol.73)によると、2016年度の銑鉄の見掛け消費量は7993万5000トンで前年度比0・8%減と3年連続減となった。鉄スクラップ消費量は4012万9000トンで同4%増と3年ぶりの増加となり、用途別内訳は製鋼用が3444万3000トンで同4・6%増、鋳物用が490万9000トンで0・8%増だった。

おすすめ記事(一部広告含む)