2017年11月15日

国内鉄スクラップ続伸 電炉粗鋼生産が高水準

 国内鉄スクラップ相場が14日から続伸した。東京製鉄が14日入荷分からの鉄スクラップ購入価格を全拠点で一律トン当たり1000円引き上げており、関東や関西地区ではメーカーによって対応にバラつきがあるものの、同日から追随する動きが広がった。アジア向け輸出市況が伸び悩む中、国内電炉メーカーの粗鋼生産が高水準で推移し、鉄スクラップ需要が堅調なことなどが相場を押し上げた。

おすすめ記事(一部広告含む)