2018年8月2日

関東鉄スクラップ、炉前・浜値ともジリ高

 関東地区鉄スクラップはメーカー炉前購入価格、湾岸価格ともにジリ高で推移している。8月は電炉メーカー各社が夏季炉休期間に入ることから、例年は需給が緩和する時期にあたるものの、解体工事が端境期にあるなどの市中発生低迷に加えて、電炉メーカーの生産堅調が続いており、需給は引き締まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)