2020年7月3日

関東鉄スクラップ、荷止め・荷制限相次ぐ

関東鉄スクラップ相場がトン当たり1000円続落した。電炉大手の東京製鉄が7月2日入荷分から宇都宮工場の鉄スクラップ特級(H2に相当)の買値をトン1000円引き下げた。他工場の買値も引き下げており、6月下旬から買値を据え置いていた西日本にも値下げが波及している。

おすすめ記事(一部広告含む)