2018年8月17日

スクラップ 大阪湾岸7月船積み量、3カ月ぶり減3.9万トン

 関西鉄源協議会(代表幹事=黒川友二・扶和メタル会長)がまとめた7月の大阪湾岸スクラップ船積み数量は、前年同月比7%減の3万8654トンと3カ月ぶりに前年実績を下回った。ヘビースクラップについては鉄スクラップ共同輸出の船積みに加えて「内外、また東西価格差が生じていたことなどから船積み数量が増えた」(流通筋)とみられる一方で、中国の環境規制強化などに伴い、同国向け雑品スクラップ輸出の低迷が続いている。

おすすめ記事(一部広告含む)