2022年1月24日

21年大阪地区鉄スクラップヤード入荷、13年ぶり130万トン台乗せ 製造業の持ち直し映す

 関西鉄源協議会(代表幹事=黒川友二・扶和メタル会長)がまとめた2021年の大阪地区の鉄スクラップヤード入荷量は、会員分総計で前年比12・4%増の133万9035トンと2年ぶりに増加に転じた。08年以来13年ぶりに130万トン台に乗せるなど、新型コロナウイルス禍から製造業など経済活動が持ち直し、スクラップの発生量も回復した。

おすすめ記事(一部広告含む)