2019年9月25日

鉄スクラップ、関西相場が続落 2年10カ月ぶりの安値

 関西の鉄スクラップ相場が先週末に続落し、2016年11月以来約2年10カ月ぶりの安値をつけた。米中貿易摩擦の影響が拡大し、世界的な景気減速や先行き懸念などから鉄鋼需要が鈍化。海外の鋼材・ビレット市況の低迷期が長引いており、鉄スクラップ価格の下落にも歯止めがかかっていない。

おすすめ記事(一部広告含む)