2020年4月14日

関東鉄スクラップ相場、2週間ぶり500円続落

 関東鉄スクラップ相場が3月28日以来約2週間ぶりにトン500円続落した。電炉減産によるスクラップ需要低迷や、韓国・現代製鉄が日本産鉄スクラップの輸入価格を引き下げたことなどが影響した。関東メーカー炉前購入価格(H2、13日)の中心値はトン1万8500―1万9500円前後に下落。関東湾岸価格の中心値(H2、13日)はFASトン1万9000―2万円前後となった。

おすすめ記事(一部広告含む)