2021年10月12日

関東鉄スクラップ相場 3週間で15%急騰

 関東の鉄スクラップ相場が急騰している。関東地区電炉メーカーのH2購入価格(産業新聞調べ)は、直近安値の9月28日から3週間足らずでトン当たり8250円値上がりした。上昇率は15・3%。11日時点で大阪地区の相場よりトン500―1000円高くなった。秋の鋼材需要期を迎えて関東湾岸部から中部以西向けの鉄スクラップ出荷が増え、需給が急激にタイト化したことが背景にある。電炉大手の東京製鉄・宇都宮工場は2日から9日までのわずか1週間で特級(H2相当)の買値を累計でトン当たり6000円上げ、11日時点では同5万3000円を提示している。

おすすめ記事(一部広告含む)