2020年6月25日

鉄スクラップ、関東湾岸価格が続落

 関東鉄スクラップの湾岸価格が続落した。24日時点の湾岸価格(H2)はFASトン当たり2万4000―2万4500円前後で、前日に比べ同500―1000円下落した。今月中旬の直近高値から同2500―3000円安い。新型コロナウイルスの影響で市中の鉄スクラップが不足し、湾岸部で集荷競争が過熱していた。しかし、5月下旬から国内価格が続騰したことで日本と海外の成約希望価格が折り合わなくなり、関東主要埠頭からの船積みが減少。シッパー各社の集荷意欲が後退し、湾岸価格の続落に至った。輸出価格はまだ先安観を残しており、湾岸価格はさらに一段下がる可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)