2021年8月27日

鉄スクラップH2湾岸価格 関東で1カ月ぶり下落

関東地区の鉄スクラップ指標品(H2)の湾岸価格が、今週に入ってトン当たり500―1000円下落した。26日時点の中心値はトン4万5500―4万6500円前後。H2湾岸価格の下落は約1カ月ぶり。8月下旬以降、関東の複数電炉が炉休に伴う荷止め・荷制限を実施し、H2が湾岸部に流れて需給が緩んだ。一方の上級品の湾岸価格は約1カ月前に続伸して以来おおむね横ばいを保っているが、主な輸出先の韓国や中国の引き合いが弱まっており、今後の反落懸念が広がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)